« 疾走 | トップページ

スペシャルな新年

『平成最後のニューイヤーコンサート、しかも新元号スタートイヤー・・・・・』ということで

P1051808

新年の挨拶も、そこそこにリハーサルを始めたのは、

P1081821

『元号唱歌』・・・・・

元旦の夜に作詞の響 敏也さんから、宮川彬良さんのところに歌詞が届き、

そこから作曲、オーケストレーション、写譜して完成したという、

間違いなく、今年日本で(世界でかも?)初めて作られた歌です。

そして演奏会で披露という、プレミアム感一杯の歌です。

それも、バックコーラスも入っていて、勿論オファーも今年になってからと云う、

荒技での初演です。

元号の歴史も勉強しながらの、リハーサルは趣深いものがあった。

まずその数250元号!

P1061812

大きめのパネルに貼っても、この文字の大きさです。

我々が実感できるのは明治以降ですが、

実は元号を決めるタイミングとかは様々だったようです。

『ハレー彗星が来たから変えよう・・・・・』とか

『元号を変えると祝祭行事が増えて、経費がかさむのでしばらくこのままで・・・・・』とか

本当にあったらしいです。

P1061813

音頭調のリズムにのって『ひんがしの~』で始まる元号唱歌。

その、ホッコリ感満載の歌は、江戸時代を想像させるテイスト感で、

天皇陛下がお元気で、譲位される慶びを表しているようでもあった。

« 疾走 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルな新年:

« 疾走 | トップページ

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ