« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

紋別後記

Pa260908

朝起きると晴れていたが、オホーツクの海は大しけだった。

太平洋の波とも、日本海の波とも違うオホーツクの波・・・・

豪快に荒々しいが、どういうわけか静かだ・・・

太平洋だとかなり音がする感じだが、ここ紋別はそれがしない。

ハイファイセットの山本潤子さんが歌う『荒涼』がどこからともなく

聞こえてきそうな雰囲気だ。見事にこの情景にマッチしている。

Pa260910

出発まで時間があったので、一度行ってみたかったオホーツクタワーへ向かった。

この施設は流氷が接岸したときに、海の底から様子を見ることが出来るようになっている。

Pa260913

Pa260912

紋別の観光大使をしているアキラさんは、カワイイ電気自動車に乗って、

様々な観光の情報を貪欲にリサーチ中・・・・

Pa260917

普段は穏やかだという紋別の海だが、今日は全く違う顔を見せる・・・

上の写真は海上から海岸を見ている図ですが、10m位の波が乱舞する

圧巻の景色が体験できました。

Pa260923

海底にある水槽では、オホーツク海に棲む生き物たちが展示されていて、

触れられるコーナーもあります。その展示のなかに『オオカミ魚』がいます。

その顔と歯から受ける印象により「どう猛」な魚というイメージが先行しますが、

実は温厚で、仲間がいないと生きていけない性格らしい・・・・(学芸員談)

餌摂りも上手とは言えなく、むしろ鈍くさい感じさえする『オオカミ魚』

テレビで紹介されるときも「どう猛」さを前面に押し出していますが、

本当は仲間思いの、優しい魚です。

Pa260929

強風のなか羽田からやってきてくれた飛行機に乗り

1日に1便だけの贅沢な飛行場『オホーツク紋別空港』を後にした。

2015/10/27

アキラさんとまこと君 ふたりのオーケストラ in 紋別

Pa250883

永遠に勝ち負けのないふたりのバトル・・・・

それは、戦いではなく、お互いをリスペクトする者同士の共同創作作業だ・・・

今回2回目となる「ふたりのオーケストラ」 in 紋別

私は3回目ですが、いつ来ても帰ってきた感がするのは何故だろう・・・

Pa250893

爆弾低気圧による悪天候の最中に、来て頂いたお客様には、

ふたりのホッとする音楽を愉しんで頂けたのではないでしょうか。

Pa250895

公演が終わってホールを出ると、そこには真っ白な世界が広がっていた。

2015/10/25

アキラ in 紋別

Pa240865

『ふたりのオーケストラ』御一行様 出演者、スタッフ併せて総勢5名を乗せた飛行機が

降り立ったのは、オホーツク紋別空港・・・・

Pa240867

コンサートを前に、アキラさん、平原さんはそれぞれの場所へ移動・・・

アキラさんに同行すると、そこでは地元の中学校の学校祭が行われていた。

会場の体育館に案内されると、そこには熱烈歓迎ムードの中学生たちの大歓声が・・・

Pa240869

何も聞かされていなかったアキラさん・・・・

ピアノも用意されていて、いきなりぶっつけ本番のミニ『アキラ塾』開講!!!

時間は短かったけど、生徒さん、そして先生の心にも響く内容となりました。

Pa240872

ふたりのオーケストラ紋別公演は本日25日15:30紋別市民会館にて開演です。

極上の音楽をお楽しみ頂けます。

2015/10/25

10月25日 天候 雪

Pa250874

雪降ってます。

10月に天然の雪を見るのは生まれて初めて・・・・

昨日はシャツ1枚でも良かったのに、今日は冬・・・・

Pa250875

スキー場が見えますが、海から数100mしか離れていません。

その間には街があり、海、街並み、スキー場がひとつの場所にある

ここは北海道紋別市・・・・

2015/10/25

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ