« 辻井淳の世界 | トップページ | 感慨深いリハーサル »

時の流れと・・・運命 

P8300752

何年前か忘れてしまったが・・・

アンサンブル・ベガのニューイヤーで新潟へ行った時、

打ち上げのお店で『ヒビキトシヤ』さんと話した。

共通の話題はトランペットのこと・・・

オペラのこと・・・・

アンベガの演奏するソナタ「ブラック・ジャック」のこと・・・・等々

話がいろんな所におよび・・・・

どちらからともなく『ブラック・ジャックをオペラにしたら・・・・・』

などと のたまう・・・・

二人気軽に「いいね~」

その時アキラさんは居なかった・・・・・

創作オペラの大変さを知る二人は、数年後にこれが実現するとは

これっぽっちも思っていなかった・・・・・

時は流れ「浜松市民オペラ」を新しいかたちで、創りたいという情熱ほとばしる

人物が表れる。その名はミスターM・・・・・

この人物の持っている「運」と「情熱」は、その後あらゆる場面で「これは運命だ・・・」

という状況や結果を生み出していった。

ここでは書き切れない膨大な出来事の数々がある。

そのなかには、私とミスターMだけしか知らない、想像を絶する出来事も少なくない。

しかし、その全を乗り越えて完成したオペラ「ブラック・ジャック」・・・・

皆さんにお楽しみ頂けたのではないでしょうか?

歓声、拍手、歌、演奏、笑い、涙・・・・全ての感情は想念のようになり、

劇場の壁に刻み込まれた。

オペラ「ブラック・ジャック」世界初演は終わりましたが、

私の中では達成感も満足感もありません。

何故ならば、これは通過点だったからです。

これは何を意味するのか・・・・・

2015/8/30

« 辻井淳の世界 | トップページ | 感慨深いリハーサル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/61444689

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れと・・・運命 :

« 辻井淳の世界 | トップページ | 感慨深いリハーサル »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ