« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

心 de バレエ 紋別公演 思い出編

P6290437

公演が終わり、夜遅くホテルに帰るとエレベーターのなかに

ある案内が・・・・・・「明朝の日の出は3:44です」

P6290440

さすがに日の出は見ませんでしたが、おいしい朝食をいただいて「銀色の道」の

ルーツを探るツアーへ・・・・・・

自前の車をPRに使っている林さんの車(なんとポスターまで貼ってありました)

もう閉山して30年以上経っている鴻之舞金山・・・・・

当時、東洋一の規模だったそうです。そこに働く人たちの街があった・・・・・

そこで生まれて、そこで育ったひとたちの故郷です。

その故郷を愛する気持ちは、いま故郷が残っている私たちよりも、その思いは

深く、熱いものを感じます。

P6290443

宮川泰先生と小学校時代をともに過ごした林さん

P6290445

閉山30周年を記念して建てられた記念碑、この除幕式には宮川泰先生も

来られて、林さんたちとともに除幕をされたそうです。

P6290449

感慨深く碑を見つめるふたり・・・・

P6290450

当時、鴻之舞金山で使用されていた品々が展示されていて、それに触れることも

できる資料館『驛逓』。 映画館や学校などもあった様子がわかり、当時の生活を

うかがい知ることができます。

そして今回の最大の目的は

P6290452

鴻之舞金山と紋別を結ぶ「鴻紋軌道」で、実際に使われていた汽車を見ることでした。

紋別の資料館で朽ち果てていく運命の気動車を、ここ『驛逓』で修理復元して

なんと、動くようになっています。まだレールが敷いてないので2mくらいしか

動かすことはできませんが、今後レールを敷いて動かせるようにするそうです。

このレールの軌道こそが、『銀色の道』の原点だったのです。

P6290453

そして、この鴻紋軌道を設計したのが宮川泰さんのお父さん、アキラさんのお祖父さん

だったのであります。

林会長ここでも語る語る・・・

いつまでもお元気でいてください。

こんどは銀色の道を走っている汽車に乗りたい・・・・

www.h2.dion.ne.jp/~cha2/nature/kounomai

2014/6/29

心 de バレエ 紋別公演 本番編

紋別の観光PR大使に任命されている宮川彬良さん。

その理由は全国各地で行われている公演でも言っていますが、

それは彬良さんのお祖父さんの代に遡る・・・この話は明日書きますが、

そんなこんなで紋別は特別な場所でもあります。

P6280423

紋別中学校吹奏楽部からお借りしたパーカッション群は、音楽大学でも

のどから手の出るくらい欲しいという、エンドユーザー向けの楽器でした。

そのパーカッションを駆使する『盤上の敵』は何回聴いても鳥肌もんです。

たった4人で40分ちかくの長尺を、テンションマックスで走り抜ける

疾走感溢れる作品です。

P6280429

歌のゲスト「緑川まり」さん。その圧倒的な存在感、そして内に秘めたる

日本語の詩への愛情を、ひしひしと感じることができる『ディーバ』です。

オンもオフも周りを楽しませてくれる。

P6280433

そして最後に登場したのは『銀色の道合唱団』の皆さんです。

アキラさんのお父さん宮川泰先生の代表作「銀色の道」を歌う

ということだけで結成された合唱団・・・・・・

私が小学生の頃「ザ・ピーナッツ」が歌っていた「銀色の道」

どういうわけか日曜日の午後によく聴いていたという印象が残る「銀色の道」

曲は後半転調していきますが、当時の小学生なので転調などという高等音楽用語

など知るよしも無く、そのどこまでも、永遠に続く道のように音楽が続いていたのを

覚えています。その原点がここ紋別にあります。それを2年前に知ったときの

驚きは大きく、何らかの縁(えにし)を感じるものとなりました。

2014/6/28

心 de バレエ 紋別公演

P6270414

北海道オホーツク海側にある紋別・・・

再びやって来られるとは思ってもいませんでした。

P6270415

今回、サロマ湖ウルトラマラソン(100Km)の日程と重なり、

飛行機は前回乗ったものよりも大きめの機体ですが、機内はアスリートで満席でした。

わたしの隣席の人は、羽田で飛行機に乗った途端に、太もも、ふくらはぎを念入りに

マッサージを始め、紋別に着くまでマッサージやってました。

アスリート達の気合いがみなぎる機内だった。

P6270416

そのまま会館へ行き、前回お世話になった凄腕スタッフさんたちに再会・・・

地元の中学校で借用したパーカッションをセットアップしてから、

当然のごとく地の味覚を探しに、街へ繰り出す。

P6270417

P6270418

何を食しても当然おいしい・・・表現できない程おいしい・・・ただただおいしい・・・・

本日終了

2014/6/27

ふるさとの伝統 その2

P6220401

昨日に引き続き下見、打ち合わせです。

浜松市北区滝沢町で受け継がれている民俗芸能『滝沢の放歌踊』は、

先祖の回向を目的に毎年8月のお盆時期に行われています。

これも江戸時代に愛知県三河から伝えられたものということです。

ここでも子供たちの熱の入った演技が繰り広げられています。

浜松市立都田小学校放歌踊り倶楽部の皆さんです。

私が小学校の頃、昨日の「横尾歌舞伎」もそうですが、この「放歌踊り」も

あることは知っていても、それが何であるのか・・・・誰がやっているのか・・・・

などつゆ知らず過ごしてきました。ただただ洋楽一辺倒の指向だった子供時代。

大切なものを知らずに大人になってしまったんだ・・・・・という後悔の念にかられます。

本番楽しみにしています。

2014/6/22

ふるさとの伝統

先日、地元に伝わる郷土芸能を本番の下見を兼ねて打ち合わせに行った。

本番は7月1日に開催される「浜松市市政記念103周年」のアトラクションです。

『川合花の舞』『滝沢の放歌踊』『横尾歌舞伎』の3団体が今回出演します。

P6210394

最初に行ったのは『横尾歌舞伎』・・・・

地方の歌舞伎は江戸時代に江戸、京都、大阪などで演じられていたものが、

街道に沿って各地に伝えられ、それぞれの地芝居として伝え、残されてきたものです。

今回の出し物は「三人吉三巴白波  大川端庚申塚の場」という名場面を

中学一年生の女の子たちを中心に演じてくれます。

稽古場は定期公演も行われる『開明座』と呼ばれる 芝居小屋です。

P6210396

大道具、小道具、衣裳なども保存会が本公演で使用しているものです。

熱の入った稽古からは、本番ではおひねりが飛んできたり、大向こうから声が

掛かる予感が・・・・・・・

2014/6/21

フラメンコライブ

P6150391

今日の仕事は、フラメンコ教室のライブです。

もう10年くらいのお付き合いです。大人の女性がほとんどですが、

毎回、毎回凄くカッコいいフラメンコダンスで魅せてくれます。

それは情熱の炎がフツフツと沸き上がる魂のダンスです。

ゲネプロの後、先生が堪えきれず、号泣してしまうくらいの出来映えです。

アルテスタもいつもの面々で、ライブ感のボルテージはマックスだった。

P6150385

コンパスと呼ばれる、フラメンコ特有のリズムとメロディの循環・・・・・

悲しみ、喜び・・・・人間の感情、想いのすべてを音楽と、ダンスで表す

フラメンコ・・・・

P6150387

照明もその時々の感情を映し出す・・・・・

2014/6/15

彬良&米良 ふたりの歌謡ショウ in 所沢

およそ半年ぶりの「宮川彬良 X 米良美一 ふたりの歌謡ショウ」

所沢ミューズでの2daysです。

P6110336

一日目は午後開演のため、仕込みの時間が少なく、

各セクション覚悟の上での作業開始!

まず、舞台上に各アーティストの位置を示すテープ(業界ではバミリ)を貼り、

それを基準に照明さんがスポットライトを吊り込み、調整をしていきます。

この作業が終わるまでは、舞台上では他の作業はできません。

P6110338

ライトが上がれば楽器のセッティング、音響のセッティングなどを始めます。

P6120367

円形の客席天井が美しい「所沢ミューズ」中ホール

舞台も広く快適な空間です。オープンして20年くらいだということですが、

風格と気品を感じます。

P6110349

上は照明の仕込み図といわれるものです。

照明プランの設計図のようなもの・・・・・

結構な量ですが、百戦錬磨のベテラン照明マンKさん曰く

『俺はいままで、照明のせいでスケジュールを遅らせたことは一度も無い』

と有言実行・・・・・・見事2時間で仕込み完了!お見事でした。

こういう職人に会えるのが現場の楽しみでもある。

お話しすると絶対どこかで繋がっているこの世界・・・・・

なんと25年くらい前の現場でご一緒だったことが判明・・・・・

P6120369

P6120380

ピアノのソロのとき、後ろのホリゾント幕に映し出された彬良さんのシルエット

それは宮川泰さんのそれとソックリだった・・・・・

P6110342

そんなひとりひとりの思いを乗せてお贈りする「ふたりの歌謡ショウ」

アーティストもお客さんもスタッフも、楽しくてしょうがない感じが爆発しています。

やっぱり良い歌詞のもつ音楽力は偉大です。

P6110348

進行表も二日目になると、いろいろと変更が手書きで書き込まれることに・・・・

曲のエンディングで緞帳を降ろすタイミングは、タイムでは無くて

そのときの音楽の流れで判断することになるので、責任は重大です。

やり直しのできない、この緊張感を楽しむことができたら、一人前の舞台監督です。

2014/6/12

新作オペラ始動!

P6090319

来年行われる「第7回浜松市民オペラ」のプレイベントとなる、

「ブラック・ジャック歌会」が今年の9月7日にアクトシティ浜松

コンサートホールで開催されます。

今日は初めての合同練習です。

手塚治虫の「ブラック・ジャック」から宮川彬良さんがインスピレーションを受け

作曲した室内楽のためのソナタ「ブラック・ジャック」・・・・・

それを再び手塚治虫の描いたブラック・ジャックの世界へ回帰させていく

壮大なる創作作業だ・・・・・・

これがスタート地点だと思うと身が締まる思いです。

これから多大なる困難があろうとも、その日はやって来る。

2014/6/9

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ