« 心 de バレエ 紋別公演 本番編 | トップページ | 市制施行103周年記念 »

心 de バレエ 紋別公演 思い出編

P6290437

公演が終わり、夜遅くホテルに帰るとエレベーターのなかに

ある案内が・・・・・・「明朝の日の出は3:44です」

P6290440

さすがに日の出は見ませんでしたが、おいしい朝食をいただいて「銀色の道」の

ルーツを探るツアーへ・・・・・・

自前の車をPRに使っている林さんの車(なんとポスターまで貼ってありました)

もう閉山して30年以上経っている鴻之舞金山・・・・・

当時、東洋一の規模だったそうです。そこに働く人たちの街があった・・・・・

そこで生まれて、そこで育ったひとたちの故郷です。

その故郷を愛する気持ちは、いま故郷が残っている私たちよりも、その思いは

深く、熱いものを感じます。

P6290443

宮川泰先生と小学校時代をともに過ごした林さん

P6290445

閉山30周年を記念して建てられた記念碑、この除幕式には宮川泰先生も

来られて、林さんたちとともに除幕をされたそうです。

P6290449

感慨深く碑を見つめるふたり・・・・

P6290450

当時、鴻之舞金山で使用されていた品々が展示されていて、それに触れることも

できる資料館『驛逓』。 映画館や学校などもあった様子がわかり、当時の生活を

うかがい知ることができます。

そして今回の最大の目的は

P6290452

鴻之舞金山と紋別を結ぶ「鴻紋軌道」で、実際に使われていた汽車を見ることでした。

紋別の資料館で朽ち果てていく運命の気動車を、ここ『驛逓』で修理復元して

なんと、動くようになっています。まだレールが敷いてないので2mくらいしか

動かすことはできませんが、今後レールを敷いて動かせるようにするそうです。

このレールの軌道こそが、『銀色の道』の原点だったのです。

P6290453

そして、この鴻紋軌道を設計したのが宮川泰さんのお父さん、アキラさんのお祖父さん

だったのであります。

林会長ここでも語る語る・・・

いつまでもお元気でいてください。

こんどは銀色の道を走っている汽車に乗りたい・・・・

www.h2.dion.ne.jp/~cha2/nature/kounomai

2014/6/29

« 心 de バレエ 紋別公演 本番編 | トップページ | 市制施行103周年記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/56690498

この記事へのトラックバック一覧です: 心 de バレエ 紋別公演 思い出編:

« 心 de バレエ 紋別公演 本番編 | トップページ | 市制施行103周年記念 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ