« アキラ塾 in 近鉄アート館 | トップページ | アンサンブル・ベガこどもの日スペシャル »

アンサンブル・ベガ in 小豆島

Photo

「ゴールデンウィークに小豆島行ってきました・・・・・」

「観光ですか?」「いえいえ仕事です」~とは言え楽しかったです。

岡山から高松までマリンライナーで、瀬戸大橋を渡り

Photo_3

四国へ・・・・高松港からフェリーで向かったのは小豆島の土庄港

Photo_4

天気も良いし、完全に観光モードですが、この旅には重要なミッションが・・・・・・

『小豆島の子供たちに上質な音楽を聴いてほしい』と願い

小豆島の企業や個人有志の皆さんの寄付により2006年より

年一回開催され、今年で9回目となるコンサートにアンサンブル・ベガに

お声が掛かり、初の小豆島公演が出来ることとなりました。

Photo_5

土庄港から程近いところにある、中央公民館のホール。

おそらく40年以上前に作られたと思われるホールですが、内部のデザインは

意外と?今時のクールな感じです。備品のピアノもかなり老朽化している感じですが、

凄腕の調律師が「生き返るかも知れない・・・・」「やれることはやってみるか・・・・」と

これまたクールにつぶやく・・・・・。全体的に流れるゆったりとした小豆島時間の中で

それぞれのミッションを粛々と遂行していく。

Photo_6

上の写真は照明室ですが、これまた今では絶対お目に掛かれないものを発見!

Photo_7

今の照明さんにとっては、見たことも聞いたことも無い「強電パッチ」

難しい解説は省きますが、見ての通り照明のコンセントを一つ一つ手作業で

組んでいくという、超アナログ的な調光器です。これも今となってはクールに

思えてくるから不思議。

そんなクールな空間でリハーサルが始まると、さらにクールなことが

Photo_8

『島の子供たち合唱団』の練習が始まると、すごくいい音が、

すごくいい響きがするではありませんか!

ご覧のように反響板の前部には、大きく隙間があり、天井にも隙間がある状態で、

これほど鳴りと響きが良いホールというのは、あまり記憶にありません。

2月に行った北海道の滝川でも、ちょうど同じくらいの頃に造られたホールで

同じような感覚を持ちましたが、これは単なる偶然の産物なのか?はたまた計算して

設計した結果なのか?また謎が深まった・・・・・・。

なぁ~んていうマニアックな話は別として、

『島の子供たち合唱団』元気です!おおらかです!キラキラです!

幼稚園から高校生までの幅広い年齢で構成された合唱団。

Photo_9

当日の:ゲネプロでは、衣装もそろえて登場。

Photo_10

アキラさんのパフォーマンスもノリノリで、満員の客席からはヤンヤの喝采が・・・・・

アンコールでは、この場に一番ふさわしい歌「サヨナラの星」がアンサンブル・ベガの

伴奏、島の子供たち合唱団、そして会場のお客さんの歌声によって演奏され、

楽しい2時間は終わりを告げた。実行委員会の皆さん、出演者、スタッフそれぞれが

『島の子供たちに上質な音楽を聴いてほしい』というミッションを成し遂げた瞬間でも

あった。

Photo_11

帰りのフェリーからは、瀬戸の夕暮れが、いつまでも暮れなずんでいた。

後ろ髪をひかれる思いで小豆島を後にした。

2014/5/3

« アキラ塾 in 近鉄アート館 | トップページ | アンサンブル・ベガこどもの日スペシャル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/56082850

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブル・ベガ in 小豆島:

« アキラ塾 in 近鉄アート館 | トップページ | アンサンブル・ベガこどもの日スペシャル »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ