« 特別講義 | トップページ | 宮川彬良ワールド炸裂! »

アンサンブル・ベガ長崎公演

Photo

白い電車に乗り、長崎までやって参りました。

その名は・・・・

Photo_2

何の捻りもなくストレートなネーミングの『白いかもめ』・・・・。

九州の列車のデザインは、どれも個性的で鉄道ファンならずとも

魅力的でカラーリングもいい感じです。

そんな列車を乗り継いで、浜松から長崎まで約7時間の旅

堪能させていただきました。

今年最後のアンサンブル・ベガの公演地は、長崎県西彼杵郡時津町です。

「時津」と書いて「とぎつ」と読みます。そしてホールの名は「カナリーホール」。

Photo_3

平日の夜公演ということもあって、リハーサルは時間的に余裕があり、

ホールの響きも素晴らしいなかで順調にリハは進みます。

ここも多目的ホールでありながら、アコースティックな響きが心地よい良いホールです。

彬良さんもトークのなかで言っていましたが、『カナリーホール』は『かなりいいほーる』

って、つい言ってしまうほど素晴らしい音響のホールです。

残響時間が長くなればなるほど、明瞭度は落ちてくるものなのですが、

このホールは、楽器のひとつひとつの音の粒が、際だってセパレートされていて、

なおかつ長く綺麗に減衰していく様がよく分かります。

Photo_4

2部の最初の『ロッシーニ 弦楽のためのソナタ一番』でも、本当にいい音が

客席全体に届いているのが、舞台袖に居ても分かるくらいでした。

Photo_5

最後の『ブラック・ジャック』では、交響曲のように壮大なる演奏をくり広げた

アンサンブル・ベガ。円熟の域に達しながらも、進化し続ける人と音楽を

感じることができました。

Photo_6

本番の後、託児をしていたリハーサル室へ移動して、子どもたちに生の演奏を

聴いていただいた。夜9時を過ぎているのに子どもたちの眼は、キラキラ輝いていた。

ホールで頂いたお客様からの熱い拍手・・・・・・・

そして短いながらも、子どもたちと過ごした優しい時間・・・・・・

それは、ホールの響きとともにメンバーの『こころ』に刻み込まれた。

2013/12/12

« 特別講義 | トップページ | 宮川彬良ワールド炸裂! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/54243465

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブル・ベガ長崎公演:

« 特別講義 | トップページ | 宮川彬良ワールド炸裂! »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ