« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

宮川彬良ワールド炸裂!

Pc220812

オーケストラのリハーサル現場は、私が大好きな場所だ。

大人数で音楽をするということは、ひとりひとりの変化が、

大きく結果として現れてくるからです。

それには一人一人のエンジンパワーと、

それをドライブしていくマエストロの存在が重要です。

今回、初めて来ていただいた宮川彬良さんのドライブの効いた

指導により、オケの音が変わること変わること・・・・・。

楽譜を書いた人でしか、わからないことまで深々と説明していく宮川彬良さん。

その話は音楽の『魔法』のように、プレイヤーにふりかけられる。

音楽の楽しみは、難解な曲を演奏することで得られる『達成感』ではなくて、

演奏した後に感じる『満足感』だと思う。

3時間のリハーサルはアッという間に過ぎ去り、誰しも「まだやりたい・・・・」という

気持ちの中で終了となった。

もちろん課題もたくさんあったが、この先に明るい光が見えるような気がした。

本番は2月9日アクトシティ浜松コンサートホール14:00開演です。

チケット発売中!

2013/12/22

アンサンブル・ベガ長崎公演

Photo

白い電車に乗り、長崎までやって参りました。

その名は・・・・

Photo_2

何の捻りもなくストレートなネーミングの『白いかもめ』・・・・。

九州の列車のデザインは、どれも個性的で鉄道ファンならずとも

魅力的でカラーリングもいい感じです。

そんな列車を乗り継いで、浜松から長崎まで約7時間の旅

堪能させていただきました。

今年最後のアンサンブル・ベガの公演地は、長崎県西彼杵郡時津町です。

「時津」と書いて「とぎつ」と読みます。そしてホールの名は「カナリーホール」。

Photo_3

平日の夜公演ということもあって、リハーサルは時間的に余裕があり、

ホールの響きも素晴らしいなかで順調にリハは進みます。

ここも多目的ホールでありながら、アコースティックな響きが心地よい良いホールです。

彬良さんもトークのなかで言っていましたが、『カナリーホール』は『かなりいいほーる』

って、つい言ってしまうほど素晴らしい音響のホールです。

残響時間が長くなればなるほど、明瞭度は落ちてくるものなのですが、

このホールは、楽器のひとつひとつの音の粒が、際だってセパレートされていて、

なおかつ長く綺麗に減衰していく様がよく分かります。

Photo_4

2部の最初の『ロッシーニ 弦楽のためのソナタ一番』でも、本当にいい音が

客席全体に届いているのが、舞台袖に居ても分かるくらいでした。

Photo_5

最後の『ブラック・ジャック』では、交響曲のように壮大なる演奏をくり広げた

アンサンブル・ベガ。円熟の域に達しながらも、進化し続ける人と音楽を

感じることができました。

Photo_6

本番の後、託児をしていたリハーサル室へ移動して、子どもたちに生の演奏を

聴いていただいた。夜9時を過ぎているのに子どもたちの眼は、キラキラ輝いていた。

ホールで頂いたお客様からの熱い拍手・・・・・・・

そして短いながらも、子どもたちと過ごした優しい時間・・・・・・

それは、ホールの響きとともにメンバーの『こころ』に刻み込まれた。

2013/12/12

特別講義

Pc070784

名古屋学芸大学の映像メディア学科から、特別講義の依頼を頂いた。

普段は別の学科で「イベントプランニング」の講義をやっていますが、

より現場に近いところのレアな話を・・・・・ということで特別講義をさせていただいた。

タイトルは『舞台の舞台裏』と題して、何もないところから企画が立ち上がり、

それが制作され、舞台で上演されるまでの、奇想天外な世界の話をしました。

そして、どうして舞台監督という職業に就いたのか?

仕事に対する考え方、スタンス、楽しみ方等々・・・・・。

時間が90分一こまだったので、仕事のほんの一端だけしか話ができませんでしたが、

話を聞いていただきありがとうございました。

学内に貼ってあったポスターがあまりにカッコよかったので、

帰りに一枚頂いて帰りました。

ある先生が創ったとのことです。

感謝!

2013/12/6

新しい歌、古い歌

Pc030726

Pc030740

初めての仕事で、札幌にやってきた。

予報では寒くなるとのことだったが、朝起きると真っ赤な太陽が昇っていた。

会場はNHKの横にある「札幌市民ホール」。旧市民会館があったところだ。

仮設の劇場ということだが、いい感じです。

Pc030731

黒に統一された客席はクールで現代的だ。楽屋は逆に白で統一されている。

仮設なのに反響板まであります。

今日のショウは「昭和・平成 名曲ものがたり」というタイトルだ。

私が少年時代を過ごした昭和30年代から始まる、昭和歌謡の世界。

我々にとっては、その過ごした時間や場所と一緒に、脳裏に刷り込まれている

『歌』の数々・・・・・・・。そして、その時代を知らない若い世代の人たちにとっては

『新しい歌』として感じることであろう『古い歌』。

客席では時空を超えた、何ともいえない、いい雰囲気が・・・・・・。

Pc030743

ピアノも40年以上現役を続けているオールドスタィンウェイ。

響板が真っ二つに割れたこともあるという、古い傷跡を残す老兵。

今はすっかり綺麗になったピカピカのフレームとボディからは、

今日のショウにピッタリのサウンドが聴こえてくる。

Pc030748

いろんな偶然やら必然やらが、折り重なって物語はできていくものなのだ。

Pc030763

Pc030746

宮川彬良さん、米良美一さん、Bass加瀬さん、Drum阪本さん

スタッフの皆さん、主催の皆さんお疲れさまでした。

そして、会場にお越しいただきました皆さんありがとうございました。

その後、まじめな反省会で札幌の夜は更けていった・・・・・。

2013/12/3

オーケストラリハーサル2

Pc010721

昨日夜遅く盛岡から自宅へ帰り、日曜日の朝一で子供のバレエ発表会を

見に行き、昼からのオーケストラリハーサルに合流した。今日は都合がつかないメンバー

が多くいて、参加人数が少なかった。12月に入り仕事も家庭も忙しいときなので

しかたがないところもある。いつもリハーサルが始まる前に少しだけ話を

させてもらっている。今日の話は「人が少ないときの練習の楽しみ方」。

いつもその時、その場所で感じたままを話し、それをメンバーひとりひとりの

モチヴェーションへと繋げていく作業。でも、そんなこと言われなくても、

今回参加しているメンバーは、みんな楽しみ方を知っている人ばかりだ・・・・・・。

Pc010722

今日の最後は、不朽の名作「Hey Jude」!

中学生の時から聴いていた曲。

いつかはオーケストラで・・・・と思っていた曲。

夢は叶うのか・・・・。

2013/12/1

アンサンブル・ベガ岩手公演

Photo

赤と青の繋がった電車で・・・・・・。

Photo_2

乗ってみたかった赤の電車で盛岡まで・・・・・・・。

アンサンブル・ベガ岩手県初見参!

盛岡からほど近い矢巾町へやってまいりました。

その名も「田園ホール」というホールです。

Photo_3

多目的ホールとして造られていますが、音響反射板をセットしての

アコースティックの響きは、音楽専用ホールに匹敵するいい響きと、

バランスの良さです。ホールではよく客席でのサウンドと、ステージ上での

サウンドの違いが大きいホールが少なからずあります。

Photo_4

反響板の一番後ろの隅っこで聴いても、バランス、響きがいいのが

よく解ります。位置決めも他の場所と、比べることもなくそのままゲネプロ

突入です。こういう好条件の日は、時間的にも余裕ができ音楽に集中できるので、

ゲネプロからいい演奏が続きます。

Photo_5

『ぜったい心に効く音楽浴!』のサブタイトルに偽りはありません!

Photo_6

音楽のマイナスイオンが充満するなか、アンコール3曲を演奏し

ベガの初岩手公演は終了した。矢巾町のみなさんありがとうございました。

今度はゆっくりいきたいところです・・・・・・・。

ホールの東北共立のみなさんお世話になりました。

2013/11/30

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ