« 心 de バレエ  | トップページ | アキラ塾三春町 »

絵本と音楽の世界

事前のリハーサルでも、本番では良い物が出来る予感があった『絵本と音楽の世界』は、

大型台風が近づいている最中に行われた。前日に仕込みとリハーサルを終えた出演者、

スタッフは祈るような気持ちで帰った。夜半にだんだんと雨、風が強くなり、

家を出る頃には交通機関はオールストップという状況になっていた。

車でホールに向かう途中も木が道路上に倒れていたりと、かなり大変な状況だった。

心配な気持ちでゲネプロを始めたが、終わった頃には天気が劇的に回復していて

なんとか本番を迎えることが出来た。

Photo

朗読はアナウンサーの松本志のぶさん、ハープは彩愛玲さん。

子どものために考えた企画ですが、いろいろな年齢の子どもがいるなかで、

あえて子どもに寄っていかない作りにした。それはほんものを聴いたり、観たりすることで

子どもが『感じる』といった部分を大切にした。『楽しむ』というのは『楽しい』ということと

違うと思う。それは大人も子どもも同じだ。『楽しむ=たしなむ』ということだ。

これは本物でしか感じることの出来ないことなのだ。子どもの頃から『たしなみ』を

持っていたら、日本にはもっと芸術や文化が定着していくだろう。

『本物を知れ!』

2013/9/16

« 心 de バレエ  | トップページ | アキラ塾三春町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/53439694

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本と音楽の世界:

« 心 de バレエ  | トップページ | アキラ塾三春町 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ