« 夏の終わりの大千瀬川 | トップページ | 武田双雲 VS 清塚信也 »

ベガ・ホール定期演奏会

宝塚市にあるベガ・ホール

ここでアンサンブル・ベガは産声を上げた・・・・・・。

今回で18回目の定期演奏会。

いつもここに来ると、帰ってきたという感覚よりも、

これから始まるという気持ちになるのは何故だろう・・・・・。

それは始めた時の理念やら信念を、持ち続けいるからに他ならない。

それは何なのか?と、問われても答えられないくらいに

強固に刻み込まれているものだと思う。

そしてその対軸にある、変化や進化していく姿勢の柔軟さがアンサンブル・ベガには

あるということだ。それを再認識するのが、ここベガ・ホール定期ということになるの

では・・・・・・。

Photo

シューベルトの八重奏曲のリハーサルを

していると、以前ここベガ・ホールで

この曲を演奏したときの記憶がメンバー

に蘇り、当時(何年前か分かりませんが)

の思い出話がチラホラ出てきて、

アーティストたちが過ごした時間を・・・・

歴史という時の移ろいを感じた。

Photo_2

そして今回のメインは、夏のツアーでも

その完成へ向かう過程をリアルタイムで

感じることができた、

ジャン・コクトー『堕天使の恋』完成版の

初演ということになった。

全部で40分近い大曲・・・・・。

ピーンと張られた糸が絶えず、双方向に

ある時はゆったり、あるときは急激に振られる感覚・・・・・・・・。

原作はバレエの為に書かれた楽曲ですが、音楽だけで聴くと、聴いた人それぞれの

脳裏に、場面やストーリーが自由に浮かんでくる、

空想、妄想なんでもありの作品になっています。

Photo_3

この台はクラリネット鈴木豊人さんが使う

持ち替え用クラリネットとリードなどの

小物を置く台です。いつもはホールにある

箱馬などを使っていますが、

今回オリジナルを作ってみました。

舞台は非日常的な場所です。

常に振動に晒され、それも低い音から

高い音まで鳴っている場所では、小さな空間(隙間)等があると、

共振などの物理的な振動が発生する場合があります。そのようなリスクを排除するために

木材の種類、厚さ、太さ、ジョイント方法など鑑みて作ります。

舞台は照明も当たるので、照明が反射しない塗装などもします。

プレイヤーが気に入って使ってくれれば、冥利につきます。

そんな少しの事で、音が変わるとしたら、何と楽しい仕事だろうか・・・・・・。

2012/9/16

« 夏の終わりの大千瀬川 | トップページ | 武田双雲 VS 清塚信也 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/47120107

この記事へのトラックバック一覧です: ベガ・ホール定期演奏会:

« 夏の終わりの大千瀬川 | トップページ | 武田双雲 VS 清塚信也 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ