« 辻井淳の熱きレコーディング | トップページ | アンサンブル・ベガ福岡公演 »

アンサンブル・ベガ夏の陣

辻井さんのレコーディング終了後、リハーサルと本番4回というアンサンブル・ベガの

夏の陣へ突入!

まずは彩の国さいたま芸術劇場の音楽ホールです。

Photo_8 綺麗なホールに綺麗なサウンドが

響きます。今回のメインディッシュは

バレエ組曲 ジャン・コクトー『堕天使の恋』

です。

ワクワクドキドキの初音合わせです。

プロローグ~ラディゲの死

自暴自棄~鎮静

リセの雪、ダルジュロス、劇中劇、プロムナード、乱痴気パーティ、ジャンと阿片、

等々の意味深なタイトルが並ぶ・・・・・・・・・。

以前バレエ作品を観にいった人から伝え聞いた、『もの凄い作品』を

生で初めて聴くことが出来た。作曲家の創造力は、不思議な物語をいくつも描く。

人間ひとりひとりの心からはじまる、欲望、恐怖、傲慢さや劣等感、不寛容や攻撃性

などがさまざまな混乱をひきおこし、それが複雑に絡み合い、エスカレートしていく様を

描く・・・・・・・。魂を持って行かれそうになった・・・・・。

そんな反面、おなじみの『音符の国ツアー』でのストレートプレイぶりは、同じ人達が

やっているとはとても思えない振り幅・・・・・・。

ベガのメンバーは本当の意味での職人気質を持っている。

まず、良いものを創る姿勢がズバ抜けて素晴らしい。

いつも思ってはいたが、今回はリハーサルから本番最終日の東京文化会館まで、

徹頭徹尾、貫いていた「もの」を感じた。

Photo_9

どこまでも続く飽くなき探求の果てに・・・。

人は何を見るのだろうか・・・・・・。

Photo_10

東京文化会館の反響板の裏側から

天井を見上げると、宇宙ステーションから

見た宇宙のような景色があった。

2012/8/13

« 辻井淳の熱きレコーディング | トップページ | アンサンブル・ベガ福岡公演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/46703081

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブル・ベガ夏の陣:

« 辻井淳の熱きレコーディング | トップページ | アンサンブル・ベガ福岡公演 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ