« 『おいしい音』入ってます! | トップページ | きみはてんさい »

レッスン

Photo

小学生の娘が金管バンドをやり始めたので

トランペットのレッスンをすることに・・・・・。

全くの初心者で、変な癖もついていない為

エアーの使い方、マウスピースのセットの

仕方、唇のアパチュア、

音へのアプローチの仕方、等々

素直に呑み込んでいって、

自分が初心者の頃と比べると、格段に筋が良いと思っていたが・・・・・。

先日、一週間レッスンを見てやれなくて、久しぶりに音を聴いてみると

お祭りのラッパのようなサウンドになっていた。いろいろチェックすると

唇が真一文字に横に引かれていて、エアーの使い方も酷い状態になっていた。

娘に聞くと、先生による演奏テストがあり、私の教えたことが否定され、修正された

ということだった。小学校の先生の守備範囲は広く大変なのは良く理解できるが、

良い音の概念というのは、変わらないはずである。

唇を真一文字に引いて吹くという奏法は、戦争中の信号ラッパの奏法であり

今時この奏法で金管楽器を吹いている人はいないと思う。

高い音を出すときは唇を思い切り引いて出しなさい・・・・・・・。

というのは間違いで、音域により口腔内でシラブルを設定して、口腔内の容量によって

音の高低をコントロールするのが普通です。娘にとっては親と先生、二人の先生の

言うことをどう受け止めるのか、難しい問題ですが、良い方向性を見出していきたいと

思います。

Photo_2

娘がレッスンで使っている

バック ストラディヴァリウス

☆の刻印が押してあるライトウェイトモデル

生産された最初のロットが日本に輸入

されたときに選定して買ったもの・・・・・。

これで学生時代、学費と生活費の全てを

稼ぎ出した盟友・・・・・いまも健在なり。

いまはもうトランペットは吹いていないが、多くの楽器を保管している。

ホルトンのメイナードファーガソンモデル、ゲッツェンのセバリンセンモデルなどの

シグネチャーモデルや、シルキーB5などの名器もあり、いつの日か、これらの楽器で

娘と一緒に演奏するのが夢でもある。

2012/7/4

« 『おいしい音』入ってます! | トップページ | きみはてんさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/46201588

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン:

« 『おいしい音』入ってます! | トップページ | きみはてんさい »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ