« 二人のオーケストラ in 那須野が原 | トップページ | 宮川家のルーツを辿る旅 »

二人のオーケストラ紋別公演

ここ2ヶ月くらい休暇を取った記憶が無く、気が付いたらもう10月も半ばになっていた。

ここに書く材料は余りあるほどなのに・・・・・・・。季節の移ろいも感じない日々・・・・。

遅ればせながら『二人のオーケストラ紋別公演』のレポートなどを・・・・・・・。

朝、小学校へ向かう娘と一緒に家を出た。その後浜松から羽田空港へ向かい、

紋別まで移動、ホールへ行き昼食を頂き、スタッフ打合せ、リハーサル、そして本番、

懇親会・・・・・・。と ここまで一日で出来るとは驚きだった。普段浜松という地方都市に

住んでいる私にとって、北海道(それも紋別)へ乗り打ち(業界用語で移動して本番)

で仕事ができるなんて考えもしなかったことです。

いゃ~日本は広いのか狭いのか良く解らない。

そんなこんなで、その名もオホーツク紋別空港

Photo

広大な北の大地に滑走路が美しいこの飛行場・・・・・。

羽田~紋別一日一便だけという、ミニマムで可愛い空港ビル。

OKHOTSK MONBETSU のスペルもかっこいい!

Photo_2

空港からの移動は、なんと大型観光バスがチャーターされていた。

Photo_3

燦然と輝く『アキラさんとまこと君二人のオーケストラ』御一行様の文字。

出演者、スタッフ一行5人を乗せた大型観光バスはホールへ向かった。

会場の紋別市民会館は築40年以上の昭和色豊かな建物だった。

老練で味がある雰囲気を醸し出す造り・・・・・・。

Photo_4

初めて行く会館は、当然音を出してみないと音響の特性が解りません。

楽器や立ち位置を変えたりしながら、ポイントを絞り込んでいきます。

基本は生音重視のアコースティックですが、そのほかの選択支も考えながら

その会場で『二人のオーケストラ』を楽しんで頂ける環境を創り上げるのが

スタッフの使命だと考えます。会館スタッフの皆さんの経験や知識も重要な

ファクターです。浜松に住んでいる舞台監督と、紋別に住んでいる音響、照明さんが

お互いベストを尽くすわけです・・・・。

Photo_5

舞台という物は、いろいろな偶然と必然で成り立っているのだ・・・・・。

そして『銀色の道』へとつづく・・・・・・。

2011/10/7

« 二人のオーケストラ in 那須野が原 | トップページ | 宮川家のルーツを辿る旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/42554844

この記事へのトラックバック一覧です: 二人のオーケストラ紋別公演:

« 二人のオーケストラ in 那須野が原 | トップページ | 宮川家のルーツを辿る旅 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ