« アンサンブル・ベガ黄金週間ツアー終了 | トップページ | 繋がってる!・・・・・・。 »

職人の技

Photo

先日、3日間にわたり全国の吹奏楽関係者、指導者が一同に会する研修会が

浜松で行われた。研修の合間に参加者たちが足を止めて見入っているのは

東京ハッスルコピーのブースです。アクリル板の向こう側で作業をしているのは、

スコアーからパート譜を作成する、写譜という作業をしている職人さんです。

コンピューターの時代でも、手作業で写譜を職人さんがやっているのには

理由があります。それは、完成したパートを見れば一目瞭然!

演奏する人の立場になった譜割り、レイアウト・・・・・・等々。

そこには決して機械にはできない、人間のやさしい心遣いが随所に

ちりばめられています。

実はわたしも学生時代に写譜をやっていました。もうかれこれ30年くらい前のことですが

先輩から楽器は持ってこなくてもいいから、写譜ペンをもってこいと言われ、

一晩で何曲も書いた記憶があります。

そのとき最初に教えてもらったのが、この東京ハッスルコピーの写譜の方法でした。

今は若い女性の方々が多いそうで、職人という古めかしいイメージは

ありませんが、その楽譜作りに対する崇高な理念は何も変わってはいません。

間違いなく世界で一番見やすい楽譜です。学生さんたちは毎日楽器の練習で

忙しいと思いますが、自分の手でスコアーからパートを作ってみると、色々なものが

見えてくると思います。スコアーには作曲家やアレンジャーたちのメッセージが

ちりばめられています。それを読みとり、書き写すことで練習では得られない

何かを感じることができるだろう・・・・・・・・。

ハッスルコピーの皆さん!これからもよろしくお願いします。

アルコールの大量摂取には気をつけましょう。

2010/5/17

« アンサンブル・ベガ黄金週間ツアー終了 | トップページ | 繋がってる!・・・・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/34737250

この記事へのトラックバック一覧です: 職人の技:

« アンサンブル・ベガ黄金週間ツアー終了 | トップページ | 繋がってる!・・・・・・。 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ