« 華麗なるもの | トップページ | 高校で講義 »

長くて濃い一日

いよいよ国民文化祭が近づき、練習が佳境に入ってきました。

Photo ブラック・ジャックやYARAMAIKA行進曲を演奏する中学生たちに

解りやすく丁寧に説明する彬良さん。

私たちが中学生の頃とは桁ちがいの技術を持っている

今の中学生たちに、彬良さんはその向こう側にあるものを求める。

そして、それに反応する中学生・・・・・・。中学生の自分に戻りたいと一瞬思った。

Photo_2 世界初演になる『大ラッパ供養』は高校選抜に演奏してもらいます。

いままでの吹奏楽曲には無い、斬新な発想が随所にちりばめられた

彬良さん渾身の作品です。今回、私はプロデューサーということで

構成や作曲依頼などを担当している立場なので責任重大ですが、

今日の練習はその形が見えてきた感じがしました。

本番ご期待下さい!

今日はこの練習の前に、午前10時から浜松市楽器博物館を2時間30分かけて、

隅々まで見学した彬良さん・・・・・・・。

食い入るように数々の楽器を観察するその目は、新しい事への糧となるものを

しっかり掴んでいたように見えた。その後、食事を取りながらNHKのスタッフと

『どれみふぁ~』の打合せを1時間30分してから、吹奏楽の練習4時間30分、

その後、2月に行われるコンサートの広報取材を1時間受け、懇親会場へ移動して

食事しながらの意見交換会となった。途中で私は疲労が限界に達して

リタイアしたのですが、彬良さんはそのまま最後まで・・・・・・。

彬良さん、皆さんお疲れさまでした。

体力をつけて頑張ります。

2009/10/17

« 華麗なるもの | トップページ | 高校で講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長くて濃い一日:

« 華麗なるもの | トップページ | 高校で講義 »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ