« 「愛の妙薬」立ち稽古3 | トップページ | 製造中 »

炎のチェリスト近藤浩志リサイタル

Photo 先日、浜松で大阪フィルハーモニー交響楽団主席チェロ奏者の

近藤浩志さんのリサイタルが行われた。

アンサンブル・ベガでいつもご一緒させて頂いている近藤さんの

浜松初リサイタル。そしてピアノはいつもお世話になっている加藤真弓さん。

私もいつかは聴いてみたいと思っていた近藤さんのソロコンサートが、

浜松の近藤浩志ファンの方々が中心になって動いてくれて、実現の運びとなりました。

プログラムは、チェロでこの曲を聴いてみたいと誰もが思う曲のオンパレードです。

愛の挨拶、ヴォカリーズ、白鳥、夢のあとに、タイスの瞑想曲、エレジー、

グランタンゴ等々、アンコールも3曲という大盤振る舞い!

そこで繰り広げられた音楽は、まさに近藤ワールド満載だった。

その内容は衝撃的でもあった。

変な言い方だが超一流の凄腕チェリストでありながら、

そのテクニックの凄さを全く感じさせない演奏・・・・・。

決してそれを封印しているわけではなく、大切なのは演奏する気持ち、

もっというならば演奏する前に、音楽を愛する気持ちがどのくらい強いのか・・・・・

というようなことを演奏の中に注いでいく姿勢が、ありありと映し出される

その演奏スタイルは聴く者のこころを打つ演奏だ。

なかでも、近藤さん自身がアレンジされた「かあさんの歌」は感動した。

Photo_2 MCもお上手な近藤さん。

素晴らしい演奏と相まって、お客さんは大満足の様子です。

また来年も浜松でリサイタルやりましょう!

2009/6/22

« 「愛の妙薬」立ち稽古3 | トップページ | 製造中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/30223351

この記事へのトラックバック一覧です: 炎のチェリスト近藤浩志リサイタル:

« 「愛の妙薬」立ち稽古3 | トップページ | 製造中 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ