« 大阪市音楽Dahhhhn!最終公演 | トップページ | 天上の世界から降りてきたもの »

ニューイヤーコンサートin兵庫芸文

いよいよアンサンブル・ベガのニューイヤーコンサートツアーの始まりです。

Photo 私の場合、年末と年始がつながっているので特に新年という

気持ちは全く無く、いつも通り新幹線に乗り移動です。

しかし見慣れた風景も季節によりその姿を変えてくれるので、

列車移動は好きです。今日は雪化粧した雄大な伊吹山が綺麗です。

Photo_2 ツアーの始まりは、いつもお世話になりっぱなしの

兵庫県立芸術文化センターです。

舞台監督もその全貌を知らない今回のツアー・・・・・。

しかし不安は無い。それは出演者、スタッフ、劇場を含めてこのツアーに係わっている

全ての人たちが同じ気持ちだからです。お客さんに楽しんでもらえることが、

我々の幸せであり、そのための努力を最後まで怠らないという強い気持ちが

舞台を創っています。

さて、どんな舞台になるのか楽しみです。

Photo_3 いつものピアニスト、作・編曲、音楽監督、司会業、運搬、

その他雑用に加えて、マルチパーカッション奏者の肩書きが

新たに加わり大活躍の彬良さん、そのこだわりは本職のパーカション

奏者以上でした。数あるマレットの中からそれを選定し、叩く位置、強さ、角度、スピード

等をチェックします。大太鼓も一回しか叩かないのにグランカッサを用意する周到ぶり、

このこだわりが、宮川彬良の音楽スタイルを創り上げてるものでもあります。

Photo_4 そして今回のアン・ベガ名物『音符の国ツアー』は父と子の肖像という

テーマで、なんと19歳のモーツァルトが登場です。超キュート!!

どんな展開になるのか・・・・・・。

2009/1/2

« 大阪市音楽Dahhhhn!最終公演 | トップページ | 天上の世界から降りてきたもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1058280/26930183

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサートin兵庫芸文:

« 大阪市音楽Dahhhhn!最終公演 | トップページ | 天上の世界から降りてきたもの »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ